事業内容

3次元測定技術、画像処理技術を基盤としたデジタル化で考古学分野への貢献を目指しております。

(A) 遺跡調査のために開発された「遺構実測支援ソフト」の販売
発掘現場から整理作業まで、図面作りをトータルサポート。レーザー測量機器・手実測・デジタルカメラなどで取ったデジタルデータを元に、平面図やセクション図、整理作業ではトレース図の作成など、様々なシーンに合わせて、効率的にデジタル図面作成のお手伝いをします。

  (A-1) 遺跡調査のために開発された専用ソフトウェア「遺構くんcubic」

  (A-2) 手描き図面を素早くデジタル図面化する「トレースくんcubic」

(B) 3Dデータを用いた画像処理で遺物を実測する「遺物実測支援ソフト」の販売
土器、陶磁器、石器などの高精度な実測図を作成できます。3Dデータを用いて、遺物の正射投影図(オルソ画像)を下絵にして、デジタルトレースにより精緻な実測図を描きます。石器の6面展開図、陶磁器の内側染め付け絵の投影図、土器・陶磁器の展開図など3D画像処理ができます。

(C) レーザー測定による高精度3次元データを提供する「遺物測定サービス」
レーザー測定した数万点の点数から遺物の立体画像を生成します。正確な6面投影図、輪郭線、稜線などの明瞭化する陰影画像により、実測作業の効率化や形状の解析などいろいろな用途に活用できます。