『トレースくんCubic』の特徴

現場や整理作業で作成される遺構や遺物の手書きの実測図をデジタル化するトレース専用ソフトです。

トレース機能だけでなく、座標や高さを入力することにより、図面合成や断面図作成も可能となります。
手書きの2次元データを、3次元デジタルデータへ編集します。

『遺構くんCubic』と組み合わせてご使用頂くとさらに力を発揮します。

『トレースくんCubic』の主な機能

遺構の手書き図面をスキャナで取り込み、座標や高さデータを入力し、効率的にデジタルトレースをします。

 遠近補正機能  デジタルカメラ写真の遠近補正
 6面展開・断面画像の作成機能  市販の三次元計測機で測定した三次元形状ファイルから作成
 描画機能  手描き図面の3次元デジタルデータ化
 縮尺を気にせず図面合成
 簡単デジタルトレース
 スムージング線を使用した効率的な図化機能
 遺構図編集に特化した様々な機能
 面積の算出機能
 遠近補正機能  デジタルカメラ写真の遠近補正
 デジタルデータ出力機能  EPS、DXFデータ出力

トレースくん機能2013.jpg

遠近補正機能

デジタルカメラ画像の遠近補正

トータルステーションで測量したデータで、デジタルカメラ画像を遠近補正画像作成

1.被写体にマーカー設置し、デジタルカメラで撮影

マーカーを設置して撮影測量.jpg

2.遠近補正画像作成

画像を出力.jpg

三次元計測データからの6面展開図や断面画像の作成

市販の三次元測定機で測定した三次元形状ファイルから、6面展開画像及び断面画像を作成します。

ソフトの中で自在に姿勢を変え、最適な配置図を作ることができます。

遺物展開画像.PNG

描画機能

手書きトレース.jpg手描き図面の3次元デジタルデータ化

現場で作成した手描き図面をデジタルトレースするだけでなく、レベル点(高さ)を入力することにより3次元デジタルデータが完成します。

トレース機能だけでなく座標や高さ入力できるから、図面合成や断面図作成も簡単です。2次元データを、魔法のように3次元データへ変換します。

3次元なら任意の場所でエレベーション図も簡単に作成できます。使用する機器はスキャナーだけ。膨大な手描き図面をデジタルデータに移行可能です。

 

縮尺を気にせず図面合成

デジタルデータならでは、例えば縮尺1/20遺構図を縮尺1/100の全体図にコピー&ペーストするだけで、自動で縮尺を合わせて合成できます。

各図面に縮尺と座標を1点入力すれば、コピー&ペーストで縮尺と位置を自動で合わせて簡単に図面合成ができます。

拡大・縮小コピーをして何枚かの図面をつなぎ合わせる、そんな作業は必要ありません。

縮尺貼付け.jpg

 簡単デジタルトレース

トレース方法は点を追加するだけの簡単トレース。必ず点を通る曲線になります。

デジタルトレースも操作になれないと以外と難しいものですが、パソコン初心者から熟練者まで、すぐにマスターできます。

 

スムージング.jpgスムージング線を使用した効率的な図化機能

ワンクリックで折れ線をスムージング曲線に変換したり、簡単な操作で思い通りの形に編集ができます。

 

 

 

 

遺構図編集に特化した様々な機能

ケバ線、トンボ、セクションポイントラインの作成など、専用ソフトならではの機能を満載しております。

 

面積の算出機能

調査区の面積、遺構の面積の計算も非常に簡単です。

縮尺を合わせてトレースをして線を選択、その後ワンクリックでその面積を表示します。

デジタルデータ出力機能

  • EPSデータ出力

   EPSデータの出力により、デジタル印刷やCD-ROMへの保存が可能です。

  • DXFデータ出力

   汎用CAD用DXFデータ(Ver11.12)の出力が可能です。

カタログ・サンプル

※パンフレットに掲載されているサンプル図面は、実際より画質が劣ります。ご了承ください。